盛岡大付の投手を想定し、バットを振り込む選手たち(龍谷大平安ボールパーク)

盛岡大付の投手を想定し、バットを振り込む選手たち(龍谷大平安ボールパーク)

 龍谷大平安ナインは27日、京都市伏見区の専用グラウンドで、盛岡大付(岩手)との2回戦に向け、打撃練習などで汗を流した。

 午前中のフリー打撃では、相手を想定して左投手を中心に打ち込み、バントの練習も繰り返した。1回戦で決勝打を放った奥村をはじめ、初めて先発で出場した長畑も鋭いスイングで外野に打球を飛ばした。

 主将の水谷は「初戦は野沢の踏ん張りで勝てた。次は打撃陣で結果を出し、早い段階から点を取りたい」と意気込みを語った。

 肩を一日休めた左腕野沢は胃腸炎も回復。この日は直球を中心に約50球を投げ、「先頭打者を出さないように意識し、まっすぐで押していきたい」と話した。