東京・晴海の選手村前で、国旗ではなく反体制派を象徴する旗を広げる在日ベラルーシ人ら=23日

 東京・晴海の選手村前で、国旗ではなく反体制派を象徴する旗を広げる在日ベラルーシ人ら=23日

 在日ベラルーシ人ら約20人が23日、強権的なルカシェンコ政権に反対の立場を取りながらも東京五輪選手団に加わった7選手を応援する集会を東京・晴海の選手村前で開いた。本国では拘束されたり、練習環境を奪われたりして出場を逃した選手もいるという。

 ルカシェンコ大統領が6選を決めた昨年8月の大統領選後、不正を主張する市民の抗議デモを治安当局が弾圧。「在日本ベラルーシ人の会」によると、スポーツ選手2千人超が抗議の公開書簡に署名した。政権側は署名撤回を求め、拒否した選手らを弾圧した。

 7人は署名を撤回しないまま代表として来日した。(共同)