23日に国立競技場で行われた東京五輪の開会式は全体として質素な中に、大会理念の「多様性と調和」などのメッセージを込めた式典となった。注目の聖火の点火者に起用されたのは、父親がハイチ出身、母が日本人で「多様性」の象徴的な存在と言えるテニス女子の大坂なおみ(日清食品)だった。新型コロナウイルス感染拡大による大会の1年延期で本命に浮上。多数のドローンを使った演出も話題を呼んだ。