全国転勤がない「地域限定型」で働く社員が、テレワークを活用し地方にいながら本社勤務できる動きが保険業界を中心に広がっている。子育てや介護で転勤が難しい社員のキャリアアップにつなげるのが狙いで、新型コロナウイルスによる在宅勤務の普及が後押しした格好。