ヨットの操縦を楽しむ参加者たち(大津市の琵琶湖)

ヨットの操縦を楽しむ参加者たち(大津市の琵琶湖)

 初心者を対象にしたヨット教室がこのほど、大津市柳が崎の県立柳が崎ヨットハーバーで開かれた。真夏の日差しが降り注ぐ中、参加者たちは帆を目いっぱい手繰り寄せて艇を操り、琵琶湖上でのセーリングを楽しんだ。

 草津ヨット協会が主催し、県内外の6人が参加。陸上で、ヨットの組み立て方のほか、帆やかじの基本的な操作方法を学んだ後、沖合まで出港した。

 適度な波風のある絶好のヨット日和。参加者たちは、大粒の汗を流しながらロープを力いっぱい引いて帆を張ったり、かじを切りながら8の字に艇を進めたりして操作技術を学んだ。