競泳女子400メートル個人メドレーの決勝レース前、大橋はマスク越しに笑みを浮かべた。自分を信じ、集中できていた。「予選後、もしかしたら金メダルが取れるかもしれないという思いはあって。余計なことは考えず、周りは見ないで泳ごうと」。その言葉通りに泳ぎ切った。