安昌林選手

安昌林選手

京都の恩師や同級生、家族に感謝を述べる安昌林(京都市下京区)

京都の恩師や同級生、家族に感謝を述べる安昌林(京都市下京区)

 東京五輪の柔道男子73キロ級が26日、日本武道館で行われ、京都市南区東九条育ちで韓国代表の安(アン)昌(チャン)林(リン)(27)=八条中出身=が、3位決定戦でオルジョフ(アゼルバイジャン)を下し、銅メダルを獲得した。

 日本生まれの在日コリアン3世である安は、リオデジャネイロ五輪に続いて2大会連続の出場。初戦となった2回戦から3回戦、準々決勝をいずれも延長戦の末に突破した。準決勝も延長にもつれ、指導3回を受けて反則負けとなった。

    ◇

 京都で柔道の基礎を築いた安。小学1年で地元道場で道着に袖を通し、地道に力を伸ばした。中学進学の際にすでに柔道で身を立てる覚悟を固め、優れた指導者がいた地元の八条中へ。「三倍努力」を心に決めて父と毎日の早朝練習など鍛錬を重ね、3年時に全国大会へ出場した。

 強豪の桐蔭学園高(神奈川)に進んでトップ選手と競い合い、筑波大では学生大会の全国優勝を果たすまで力を付けた。日本国籍取得を勧められたが、大学2年のとき自らのルーツである韓国へ渡ることを決断。「在日の代表として戦う」と、強固な志を胸に秘めて戦ってきた。

    ◇

 アン・チャンリン 

1994年3月、東京都生まれ。2000年に京都に移り、同4月に京都朝鮮第一初級学校に入学。地元の九条少年柔剣道愛好会で柔道を始めた。八条中では全国大会に出場。桐蔭学園(神奈川)に進み、筑波大へ。2年時に中退し、韓国・龍仁大へ移る。2018年世界選手権で金メダル。