京都市内4百貨店の6月の総売上高は149億円で、前年同月比1・7%増だったことが26日、日本百貨店協会の集計で分かった。新型コロナウイルス対応で6月20日まで京都府に発令された緊急事態宣言の期間中も多くの売り場で営業を続けたためだが、コロナ禍前の2019年6月と比べると各店の売上高は2~3割落ち込み、完全回復は遠い。

 1年前と比べた店舗別の増減率は、京都高島屋が……