京都市内の水田で、田植え直後の稲を食べる外来種のスクミリンゴガイ(ジャンボタニシ)が増えている。農家が駆除を長年続けているが、