競泳女子の大橋悠依選手

競泳女子の大橋悠依選手

 滋賀県は27日、東京五輪競泳女子400メートル個人メドレーで金メダルを獲得した大橋悠依選手(25)=彦根市出身=に県民スポーツ大賞の最高栄誉賞を贈ると発表した。

 五輪個人種目の金メダリストは県出身者で初めて。三日月大造知事は同日の定例会見で「裾野を広げる意味でも、レベルを上げる意味でも大きな力になる。県のスポーツ振興、競技力向上のためにお力添えいただけるようにしていきたい」と話した。

 贈呈日は未定。これまでに最高栄誉賞は陸上男子の桐生祥秀選手=彦根市出身=に2度贈られている。