京都府綾部市で創業してから今年で125年を迎えたグンゼ。近年は繊維やアパレルに限らず、環境に配慮したプラスチックフィルムや医療分野など時代の変化に合わせて事業領域を広げてきた。6月に社長に就任した佐口敏康氏に経営方針を聞いた。

 ―社長としての抱負と経営の考え方は。

 「蚕、生糸から始まり、プラスチックフィルムやメディカルなどに広げながら長く続いてきた。私が変えるのではなく、一つのパーツを担えればと思っている。具体的な話は来年から始まる中期経営計画に盛り込む…