東京五輪のセーリング男子フィン級が江の島ヨットハーバー沖で27日に始まり、瀬川和正(31)=鳥取県スポーツ協会、龍大出=が出場し、2レースを走った。初五輪に挑む瀬川を支えてきたのが、妻でリオデジャネイロ五輪女子RSX級(ウインドサーフィン)代表の伊勢田愛(めぐみ)(34)=高島市。種目は違うが、ともに琵琶湖でセーリングに打ち込み、妻は「チャレンジャーの気持ちで思い切りやってほしい」と活躍を願う。