立命館守山は上位から下位まで切れ目のない打線で相手を圧倒した。「練習から1球で仕留めるという思いで取り組んでいて、試合でも出せた」。2安打2打点と奮起した7番川崎が胸を張った。

立命館守山 3024000=9

彦根翔西館 1000100=2 (7回コールド)

 初回は2死二、三塁から