近江の2年生先発山田が投打で存在感を放ち、決勝への道を開いた。二回、3点を先制し、なお2死一、二塁。初球の変化球を捉えた大きな飛球は左へ切れてファウル。「投手の心理として、大きいファウルを打たれた後は同じ球を投げるのは嫌」。2球目、直球を強振した打球を左翼席に運んだ。「次につなごうと、しっかり捉えたら入ってくれた」と喜んだ。

近江 06328=19

綾羽 00000=0  (5回コールド)

 マウンドでは気