京都大

京都大

 それぞれ異なる遺伝子変異を持つ良性腫瘍同士が相互作用してがん化していく仕組みを解明したと、京都大のグループが発表した。良性腫瘍が悪性化してがんになる新たなメカニズムを解明したことで、治療法開発にも期待できる。米科学誌ディベロップメンタル・セルに29日掲載される。

 遺伝子変異によって発生するがんは、複数の変異パターンの腫瘍細胞が集まってできることが知られている。しかし複数の種類の腫瘍細胞が集まることとがん化の関係は、よく分かっていなかった。

 京大生命科学研究科の井垣達吏教授と榎本将人助教らは、ショウジョウバエを使った実験で、RasとSrcという二つのがん遺伝子に注目した。

 両遺伝子は単独では良性腫瘍をつくるが、各遺伝子が別々に入った腫瘍細胞を隣り合わせるとがん化が進行。さらに解析すると、Rasのある細胞の表面にできたタンパク質が、Srcを持つ細胞に生じた別のタンパク質に作用して、がん化を促進する因子群を活性化させていた。また反対にSrcを持つ細胞がRasのある細胞のがん化を促す機構も見いだした。

 井垣教授は「がんができる仕組みを解明する重要な知見。細胞同士の相互作用に着目したがん治療もあり得る」と話している。