JR西日本は28日、新型コロナウイルス感染拡大に伴う旅客の減少を受け、10月2日から在来線の大幅減便を実施すると発表した。計127本の列車の削減と運行区間の短縮に踏み切る。京都、滋賀では計5線区が対象となり、