2年ぶりに甲子園出場を懸けた夏の大会は、京都国際の初優勝で幕を閉じた。