競泳の大橋悠依選手

競泳の大橋悠依選手

 東京五輪の競泳女子200メートル個人メドレーが28日、東京アクアティクスセンターで行われ、滋賀県彦根市出身の大橋悠依(イトマン東進、草津東高―東洋大出)が2分8秒52で制し、400メートル個人メドレーに続いて金メダルを獲得した。

 大橋を指導する平井伯昌(のりまさ)監督は、アテネ、北京五輪で北島康介を男子平泳ぎ100メートル、200メートルの連続2冠制覇に導いている。大橋と北島の歩みの違いについて「康介は最初から狙っていたけど、悠依は一本、一本やったら雪だるま式に自信がついて、どんどん思うようなレースができるようになった。大会中に成長したことが大きい」と評した。


 五輪での多種目制覇のポイントを「集中してレースを終えると、体よりもメンタルが疲れる。選手とコーチが最後まで日程をイメージしないといけない」と語った。「康介の時は全部レースを支配しようと思っていた。でも、悠依でそうすると疲れちゃう」と性格の違いも指摘した。

 平井監督が2冠達成の要因に挙げたのは、大橋のしたたかさ。「周りの選手を見ながらでもゆっくり泳げたり、予選は何番でもかまわないところがある」。本人は200メートル個人メドレーでメダル獲得への意気込みをあまり口にしなかったが、前夜には国際水連のホームページでライバルのラップタイムや特徴を調べ、レースパターンを綿密に組み立てていた。

 平井監督は「お互い口に出さないけど、もう1個と思っていた。レースパターンも、タイムも考えていることはだいたい一緒だった」。ぶつかり合ったという2人だが、選手と名伯楽の思いはしっかり重なっていた。