第103回全国高校野球選手権京都大会最終日は28日、京都市右京区のわかさスタジアム京都で決勝を行い、京都国際が6―4で京都外大西を破って初優勝し、夏の甲子園出場を決めた。選抜大会に続いて春夏連続出場となる。京都外大西は11年ぶりの優勝を逃した。

 春夏連続の甲子園出場へ、京都国際に最後の試練が訪れた。2点リードで迎えた九回2死二、三塁のピンチ。2年生のエース左腕森下は