「ジャパン・アズ・ナンバーワン」という言葉は、今年還暦を迎えた私くらいより上の世代にとっては、ある種のなつかしい響きとともに残っていると思…