京セラが29日発表した2021年4~6月期連結決算(国際会計基準)は、純利益が前年同期比82・1%増の407億円だった。新型コロナウイルス禍の影響で部品需要が低迷した前年から一転して自動車や産業機器向けが急回復し、大幅な増収増益を確保した。

 売上高は32・7%増の4207億円で、第1四半期では……