全国高校野球選手権滋賀大会は29日、大津市の皇子山球場で決勝を行い、近江が6―0で立命館守山を下し、15度目の夏の甲子園出場を決めた。

 甲子園出場が懸かった大一番で、近江の2年生右腕山田が力を発揮した。