男子エペ団体決勝 ROC選手(左)からポイントを奪う宇山賢=幕張メッセ

男子エペ団体決勝 ROC選手(左)からポイントを奪う宇山賢=幕張メッセ

 エペ フェンシングの種目の一つ。得点となる範囲「有効面」はフルーレの胴体部、サーブルの上半身に対して足先まで含めた全身と最も広い。さらに攻撃権のルールがあるフルーレ、サーブルと異なり、先に突いた選手がポイントを得る。各種目とも団体戦は延べ9人で3分ずつ戦い45点を先取するか、試合終了時に合計得点が多いチームが勝利する。五輪にはエペで9チームが出場。日本の世界ランキングは8位。フェンシングは中世の騎士による剣術がルーツとされ、エペは本場欧州でも人気が高い。