飛び散ったアスファルトなどで窓ガラスが割れた車(高島市今津町)=滋賀県警提供

飛び散ったアスファルトなどで窓ガラスが割れた車(高島市今津町)=滋賀県警提供

落下した81ミリ迫撃砲弾と同型の弾(陸上自衛隊提供)

落下した81ミリ迫撃砲弾と同型の弾(陸上自衛隊提供)

 14日午後1時20分ごろ、滋賀県高島市今津町北生見の国道303号付近に、近くの陸上自衛隊饗庭野演習場で訓練中に発射された81ミリ迫撃砲弾1発が落下し、さく裂。約40メートル離れた道路脇に停車中の乗用車の窓ガラスが割れるなどの被害が出た。市内の男性が乗っていたが、けがはなかった。陸自や県警は砲弾そのものではなく、弾の破片か、落下で破損したアスファルト片が飛び、車を傷つけたとみている。

 陸自によると、大阪府和泉市の信太山(しのだやま)駐屯地所属の第37普通科連隊が軽対戦車誘導弾や81ミリ迫撃砲の射撃訓練を実施。同日午後1時15分から約30分間、2基の迫撃砲から西に約2・5~3キロ先の目標地域に向けて複数発射し、目標地域から北に1キロ離れた場所に1発が落下したという。

 使用された砲弾は全長約40センチ、重さ約4キロ、最大射程約5600メートル。地上付近でさく裂して付近の敵を制圧する「りゅう弾」。

 81ミリ迫撃砲は通常、4人一組で、角度や方向を手動で操作する。別の隊員1人が演習場内の安全を確認した上で発射し、着弾点を確認している。陸自は「操作の誤りがあったか機械的な原因か、二つの観点で調べる必要がある」とし、中部方面隊に事故調査委員会を設置した。饗庭野演習場での射撃訓練は当面中止する。

 陸自は、午後2時半ごろ高島署から同市の今津駐屯地に連絡があり、初めて事態を把握したという。

 高島署によると、停車中の車にいた男性(71)=同市=から「車の後部が破損した」と通報があった。同署員が駆けつけたところ、男性の車の前方40メートルに砲弾の一部が落ちていた。

 現場はJR近江今津駅から西に約7キロ。

 饗庭野演習場では2015年7月、射撃訓練の標的を誤った場所に設置し、重機関銃の銃弾が標的後方の盛り土に当たって跳ね、約2・8キロ離れた民家の屋根を貫く事故が発生した。