大津地検彦根支部は28日までに、業務上横領の罪で、滋賀県近江八幡市職員の男(43)=東近江市宮川町=を起訴した。

 起訴状では、近江八幡市水道事業所で給水装置の申し込み受け付け事務などを担当していた2017年3月2日~18年4月11日、計8回にわたり、水道の利用者が納付した現金計約81万6500円を自己の用途に消費する目的で着服した、としている。