芳田司

芳田司

 東京五輪で初めて採用された柔道の混合団体の決勝が31日、日本武道館で行われ、日本は1-4でフランスに敗れて、銀メダルとなった。

 日本は、女子70キロ級の新井千鶴(三井住友海上)と男子90キロ級の向翔一郎(ALSOK)が連敗。女子70キロ超級の素根輝(パーク24)が勝ったが、男子90キロ超級のウルフ・アロン(了徳寺大職)も屈し、女子57キロ級で京都市上京区出身の芳田司(コマツ、円心道場出)も敗れた。

 芳田は試合後、「チームのために1点取りたかったけど、取れなかった。決勝だけ出させてもらえるということで、しっかり準備していたけど、自分の流れにすることができなかった」と話した。