激しい雨で冠水した丸太町通(31日午後8時5分、京都市上京区丸太町通東洞院東入ル)

激しい雨で冠水した丸太町通(31日午後8時5分、京都市上京区丸太町通東洞院東入ル)

激しい雨で道路が冠水し、徐行しながら通りすぎる車やバイク(31日午後8時1分、京都市上京区丸太町通東洞院東入ル)

激しい雨で道路が冠水し、徐行しながら通りすぎる車やバイク(31日午後8時1分、京都市上京区丸太町通東洞院東入ル)

 京都府内は31日午後から夜にかけて激しい雨に見舞われ、鉄道の運行遅れや停電などの影響が出た。1日にかけて上空の寒気や湿った空気の影響で大気の状態が不安定となる見込みで、京都地方気象台は浸水や河川の増水に警戒を呼び掛けている。

 JR奈良線は午後7時すぎ、宇治市の六地蔵駅で雨量計が規制値を超えたため京都―木津間で運転を見合わせた。同9時50分に運転を再開したが、上下17本が運休するなど約3700人に影響が出た。長岡京市では約180戸が停電した。

 同気象台によると、京都市で午後7時45分ごろまでの1時間雨量は28・5ミリに達した。