京都地方気象台

京都地方気象台

 環境省と気象庁は1日朝、京都府と滋賀県に熱中症警戒アラートを発表し、適切な水分補給やエアコン使用などを呼びかけた。特に宮津市など京都府北部の「暑さ指数」が高くなっており、海水浴などでの熱中症に警戒が必要だ。

 熱中症警戒アラートは、気温と湿度、日射量から算出する「暑さ指数」が、「極めて危険」とされる33以上が予測されると発表される。暑さ指数28を超えると熱中症患者が増えることが過去のデータから明らかになっており、31を超えると「危険」とされる。

 京都府で暑さ指数31以上が予想されるのは、宮津市34、舞鶴市31。京都市は30となっている。滋賀県で31以上は、彦根市33、長浜市と東近江市32、大津市31。

 また、予想最高気温は京都市35度、舞鶴市と大津市、彦根市が34度で、1日も酷暑となりそうだ。