制作中のクロマグロの模型(京都市南区)

制作中のクロマグロの模型(京都市南区)

 京都市南区の造形モデル製作会社「百寶堂」が、奈良県明日香村の飛鳥資料館から依頼を受け、本物と見まがうようなクロマグロの立体模型を作っている。

 同資料館で4月から始まる骨をテーマにした特別展に合わせて制作。社員がクロマグロの写真や図鑑を見ながら、イメージを膨らませた。

 全長2・5メートルの強化プラスチック製。尾ひれの細部や質感にもこだわり、今にも泳ぎ出しそう。塗料で彩色し、4月初旬に資料館に「一頭買い」される。