江戸から明治時代の蚕糸業に関する錦絵を並べた「蚕織錦絵特別展」が、京都府綾部市青野町のグンゼ博物苑未来蔵で開かれている。産業の移り変わりや世相が分かる作品が展示され、訪れた人たちの目を引いている。