新型コロナウイルス(国立感染症研究所提供)

新型コロナウイルス(国立感染症研究所提供)

 滋賀県は3日、新たに10歳未満~90歳以上の男女79人が新型コロナウイルスに感染した、と発表した。1日の確認数としては5月8日の73人を上回り、過去最多となった。80代と90歳以上の男女2人が中等症で、それ以外は軽症か無症状。県内の感染確認は計6208人となった。

 新規感染者の居住地別は、大津市28人、東近江市8人、草津、彦根の各市で6人など。既に感染が判明している県内の男女26人から、感染力が強いとされる「デルタ株」の疑いがあるウイルスが検出され、県内での同ウイルスの検出は計71人となった。

 また、県は2日に新規感染者として発表した20代男性について、居住地を彦根市から県外に訂正した。