「死」をタブー視せずに受け入れ、気軽な雰囲気の中で死生観を語り合う「デスカフェ」が全国で広がる中、京都女子大の教員らが中心となって初の「デスカフェ・ガイド」を作成した。