新型コロナウイルス(国立感染症研究所提供)

新型コロナウイルス(国立感染症研究所提供)

 滋賀県は4日、新たに10歳未満~80代の男女103人が新型コロナウイルスに感染し、県内の医療機関で入院していた60代女性1人が死亡したと発表した。1日の感染者数としては3日の79人を上回り、初めて100人を超えて過去最多になった。40代と80代の男女2人が中等症で、それ以外は軽症か無症状。県内の感染確認は計6311人となった。

 新規感染者の居住地別は、大津市で29人、長浜市で16人、東近江市で10人、草津、守山の各市で8人。長浜市の保育関連事業所で4日までに児童生徒と職員の計7人が感染し、県は新たにクラスター(感染者集団)に認定した。

 「デルタ株」の疑いのあるウイルスが県内の男性1人から検出され、県内での検出は計72人になった。