女児が倒れていた公園。ジャングルジムには花束や菓子などが供えられていた(3日午後6時50分、大津市北大路3丁目)

女児が倒れていた公園。ジャングルジムには花束や菓子などが供えられていた(3日午後6時50分、大津市北大路3丁目)

滋賀県警

滋賀県警

 大津市北大路3丁目の公園で1日、倒れていた市内の小学1年の女児(6)が病院に搬送後に死亡した事案で、滋賀県警捜査1課と大津署などは4日、女児を暴行し死亡させたとして、傷害致死の疑いで、市内に住む女児の兄の無職少年(17)を逮捕した。

 逮捕容疑は、7月下旬ごろから8月1日、自宅で、女児の腹や背中、顔を足蹴りしたり、殴るなどの暴行を繰り返し、右副腎破裂やろっ骨骨折などを負わせ、1日、外傷性ショック死で死亡させた疑い。

 県警によると、少年は女児と母親の3人暮らし。女児と2人で公園にいて、「女児がジャングルジムから転落した」として、近所の住民に助けを求めていた。県警は「転落した」との申告は虚偽とみて、経緯を調べている。