友愛印刷のコーヒー消臭剤

友愛印刷のコーヒー消臭剤

 綿の袋を手に取るとほんのりコーヒーの香りが漂う。障害者の新たな就労の場として京都府向日市の友愛印刷が開設した施設2階のカフェ「U・I no coffee」で、大量に出るホットコーヒーを入れた後の粉を「もったいない」の意識から、消臭効果があることを知って製品化した。


 コーヒー抽出後の粉は、捨てずに乾燥させ不燃布の袋に27グラムずつ詰め、カフェのロゴマークをプリントしたオリジナルの綿の袋に入れ販売。「台所の下や靴に入れると悪臭が消えたと好評」という。


 1袋100円。問い合わせは(932)4001。


 担当の男性(56)は「粉の計量の作業は楽しい。カフェに来る方に買ってもらえてうれしい」。