大津地裁

大津地裁

 生コンクリートの調達を巡る事件で、工事関係者を脅したとして恐喝未遂などの罪に問われた東近江市の「湖東生コン協同組合」の運営委員長の男(68)=大阪市=の論告求刑公判が29日、大津地裁(今井輝幸裁判官)であった。検察側は懲役3年を求刑、弁護側は無罪を主張し結審した。判決は4月25日。

 検察側は、同組合と提携する全日本建設運輸連帯労働組合関西地区生コン支部が工事現場で軽微な不備に因縁をつける妨害を繰り返し、生コンの仕入れ先を関係業者に変更させていたと指摘。男について「支部との提携提案や関係維持に不可欠な役割を果たした」と述べた。

 弁護側は、支部や組合関係者との共謀はなく、犯罪は成立しないと訴えた。

 起訴状では、関係者と共謀し、東近江市の倉庫建設工事で関係業者から生コンを供給させようとしたが、契約を断られたため2017年3~7月に「大変なことになりますよ」と脅迫するなどした、としている。