歌舞伎俳優の中村獅童(48)と、CGのバーチャルアイドル・初音(はつね)ミクが共演する「超歌舞伎」が9月、京都・南座に帰ってくる。南座では初お目見えだった19年の夏以来。今回は土蜘(つちぐも)伝説を基に、ミクが初の悪役に挑む京を舞台にした新作「御伽草紙戀姿絵(おとぎぞうしこいのすがたえ)」を披露する。獅童は「古典にこだわり、革新を追求するのが超歌舞伎」と語り、歌舞伎発祥の地・京都ならではの深化を誓う。