京都府は5日、風水害の発生時に車中泊ができる駐車場を府ホームページで公開した。新型コロナウイルスの感染拡大を防ぐため、通常の避難所と組み合わせ、分散避難を促すのが狙いだ。第1弾は公共施設36カ所を掲載し、今後は民間施設を追加していく。