職員が空調設備の随意契約を巡って収賄容疑で逮捕された京都大桂キャンパス=6日午後9時10分、京都市西京区

職員が空調設備の随意契約を巡って収賄容疑で逮捕された京都大桂キャンパス=6日午後9時10分、京都市西京区

 京都大桂キャンパス(京都市西京区)の設備工事を巡り、業者から家電製品を受け取ったとして、京都府警捜査2課と南署は6日、収賄の疑いで同大学職員の男(30)=東近江市=を逮捕した。また贈賄容疑で、電気設備業「デンオーエンジニア」(滋賀県竜王町)社員の男(29)=栗東市=を逮捕した。

 府警によると、2人とも「間違いない」と容疑を認めているという。

 京大職員の逮捕容疑は、昨年5月から今年7月、桂キャンパスの給排水・空調設備の修繕工事などの随意契約で業者選定の際に有利になるための謝礼であると知りながら、6回にわたって、テレビなど6点(約25万円相当)をデンオー社の社員から受け取った疑い。

 京都大では2015年にも、医学部付属病院臨床研究総合センター(京都市左京区)の研究機器納入を巡り、業者に便宜を図ってキャリーバッグなど約95万円相当を受け取ったとして、収賄容疑で元准教授の医師が逮捕された。