ゲームクリエイターを目指す全国の学生が、作品のコンセプトやプログラミング技術を競う大会が6~8日、京都市南区のホテルで開かれた。見知らぬ学生同士でチームを組んで制作に3日間、集中した。8日夕方には発表会も行われ、新型コロナウイルスや六面立体パズル、落書きなどからヒントを得た作品が披露された。

 京都府のものづくり支援策の一環。若手のクリエーターを発掘し、京都府内のゲーム企業9社と……