京都府京丹後市の玄関口「京都丹後鉄道・峰山駅」周辺の一部市街地限定で、AI(人工知能)を活用した「予約型乗り合いタクシー」の事業化がスタートして1カ月が経過した。人口減少と高齢化が進む同市では、新たな移動手段として期待されるが、既存の公共交通との共存と事業継続が課題となっている。

 予約型乗り合いタクシーは、利用者がスマートフォンの専用アプリで、出発地と目的地を入力すると、10分程度でタクシーが到着。AIが目的地までの効率的な道順を割り出して運行する。料金は…