左大文字にヒントを得た抹茶モンブランなど、カフェ周辺の名所をイメージしたスイーツ(京都市北区・BRカフェ)

左大文字にヒントを得た抹茶モンブランなど、カフェ周辺の名所をイメージしたスイーツ(京都市北区・BRカフェ)

 地域活性を願って女子大学生2人が考案したスイーツが、京都市北区のカフェに登場した。近くの名所、金閣寺や龍安寺などをイメージした一皿で、発売初日に一日店長を務めた2人は「味わった後、散策したいという気持ちになってもらえれば」と話している。

 同志社大政策学部2年の辻本真生さん(20)=上京区=と、窪田早希さん(19)=大阪府。京都中小企業家同友会上京支部と上京区が、企業の課題解決のために連携する事業で、同大の学生が参加した。

 カフェによると、客の多くが金閣寺しか訪ねていないという。他の名所も知ってもらうため、2人は、仁和寺の仁王門の色から発想したチョコレートケーキや、左大文字に見立てた、山のような形の抹茶モンブランなど、名所の魅力を表現したスイーツ6品の盛り合わせと、散策地図を考案した。

 味わった高校2年の女子生徒(16)=愛媛県=は「インスタ映えするし、実際に行ってみたくなった」と話していた。北区衣笠御所ノ内町の「BRカフェ」で1800円(税込)で販売。問い合わせは075(201)9607。