明豊-龍谷大平安 1回裏明豊1死一塁、二盗を試みた宮川をタッチアウトにする二塁手の北村(甲子園)

明豊-龍谷大平安 1回裏明豊1死一塁、二盗を試みた宮川をタッチアウトにする二塁手の北村(甲子園)

 第91回選抜高校野球大会は31日、準々決勝が行われ、京都の龍谷大平安が延長十一回、0―1で明豊(大分)にサヨナラ負けし、3年ぶりで目指した4強入りを逃した。

 両者無得点で延長に入ると、龍谷大平安は十一回2死満塁のピンチから左腕野沢が右中間に決勝打を浴びた。今大会初先発の橋本が七回途中まで無失点で粘り、左腕野沢へ継投。野沢も好投を続けたが、最後に痛打された。