大雨で夜のように暗くなった丸太町通(13日午後4時半、京都市中京区)

大雨で夜のように暗くなった丸太町通(13日午後4時半、京都市中京区)

 京都地方気象台と彦根地方気象台は13日、京都府と滋賀県で14日以降も大雨が続くとして、河川の増水や土砂災害、雷などに警戒を呼び掛けた。14日昼すぎから15日にかけて再び前線の活動が活発になり、災害の危険性が高まるという。

 京都地方気象台によると、14日は多いところで府北部では1時間に40ミリ、府南部では同50ミリの激しい雨が降る恐れがある。24時間雨量は、いずれも多いところで、14日午後6時までが180ミリ、15日午後6時までが200~100ミリと予想している。

 彦根地方気象台によると、14日は県内の多いところで1時間に40ミリの雨が見込まれる。また、24時間雨量の予想は、いずれも多いところで14日午後6時までが180ミリ、15日午後6時までが150~100ミリ。

 雨は16日以降も続く見通しという。