人懐っこいヤギと触れあう参加者たち(南丹市日吉町・とりこと舎)

人懐っこいヤギと触れあう参加者たち(南丹市日吉町・とりこと舎)

 山里で飼われているヤギを訪ねる「京都やぎツアー」が30日、京都府南丹市や京都市右京区京北の農家民宿などで開かれた。穏やかに暮らすヤギと触れあいながら、参加者たちは飼育の面白さなどを語り合った。

 ヤギを飼って農業やリラクセーションのサロンを営む「ココペリハウス」(南丹市園部町)が呼び掛けた。近隣などから「ヤギ好き」の10人が参加し、4カ所の飼育場所を巡った。

 農家民宿とりこと舎(同市日吉町)を訪れた参加者たちは、人懐っこく近づいてくるヤギの頭をなでたり、体を抱きしめたりして触れあった。飼い主らと屋内のいろりを囲み、「個性があるから面白い」「ミルクは環境や食べ物で味が変わる」などと「ヤギ談議」にも花を咲かせた。