【資料写真】名神高速道路(大津市付近)

【資料写真】名神高速道路(大津市付近)

 国土交通省近畿地方整備局と高速道路各社は14日正午、大雨が予想されるため、14日午後から15日にかけて、名神高速や新名神高速の一部を通行止めにする可能性があると発表した。

 京都府内と滋賀県内で、通行止めの可能性がある区間と、通行止め開始が予想される時間は以下の通り
【名神高速】京都東-八日市(14日正午~午後6時)、京都南-京都東(15日午前0時~午前6時)
【新名神高速】草津ジャンクション-信楽(14日正午~午後6時)
【北陸道】木之本-敦賀(14日午後6時~15日午前0時)
【舞鶴若狭道】舞鶴西-福知山(14日午後6時~15日午前0時)
【京都縦貫道】沓掛-亀岡(14日正午~午後6時)、長岡京-沓掛(14日午後6時~15日午前0時)

 雨が予想より弱かった場合は通行止めにしない可能性もある。