日本新薬-三菱日立パワーシステムズ 力投する日本新薬の先発・西川(京セラドーム大阪)

日本新薬-三菱日立パワーシステムズ 力投する日本新薬の先発・西川(京セラドーム大阪)

 社会人野球の日本選手権は30日、京セラドーム大阪で1、2回戦の計3試合を行い、昨年8強の日本新薬(京都)は1回戦で三菱日立パワーシステムズ(神奈川)に0―3で敗れ、初戦で姿を消した。
 日本新薬は打線が相手先発の左腕浜屋らを捉えられず、2安打に抑えられた。投手陣は五回無死から西川がソロ本塁打を浴び、七回には2死一、三塁のピンチで継投した4番手の岩本が2点適時三塁打を許した。
 2回戦はNTT西日本(大阪)が3―2で鷺宮製作所(東京)に競り勝ち、大阪ガス(大阪)が5―4でJFE東日本(千葉)に逆転勝ちした。