京都市役所

京都市役所

 京都市は14日、土砂災害や浸水の危険性が高い地域で自宅療養しているコロナ患者に対し、宿泊療養施設への避難を電話で呼び掛けた。市によると、対象者50人のうち3人が避難を希望し、同居家族を含めた計7人が宿泊療養向けに確保されているホテルへと移ったという。

 避難を呼び掛けたのは、避難指示を出した学区がある左京区や東山区、山科区、西京区、伏見区の自宅療養者。移動には、市が契約しているタクシーを手配したという。