「真珠湾が見えた」。警察小説の名手・横山秀夫さんの異色作は、この一文で始まる。映画にもなった「出口のない海」だ▼太平洋戦争末期、特攻兵器の…