体が青色のアマガエル

体が青色のアマガエル

 体色が青いアマガエルが、京都府長岡京市金ケ原で見つかった。青色のアマガエルは珍しく「幸せを呼ぶ」ともいわれる。見つけた主婦(65)は「足元で飛び跳ねたカエルが青いので驚いた」と話した。

 8月6日午前10時ごろ、自宅近くの畑で体が青色のカエルに気づき孫らに見せようとレジ袋で捕まえた。体長2センチほどで、頭部と後部、後ろ足の一部に緑色が残る。

 青色のニホンアマガエルの飼育経験がある京都水族館は「両生類が持つ黒と黄、虹色の色素細胞のうち、何らかの原因で黄色が欠損して青色になったと考えられる」という。女性は「もう少ししたら元の場所に逃がそうと思う」と笑顔で話していた。